IELTSのスコア、どれだけ取ったらいいの?IELTSエキスパートに聞いてみた。

IELTSのスコア、どれだけ取ったらいいの?IELTSエキスパートに聞いてみた。

 

英語学習を進める上で、現在のレベルや目標を考えるために重要な英語試験のスコア。
世の中に様々ある英語試験の中で、リンガハッカーズではIELTSを活用することをおすすめしています。

※IELTSとは何か?なぜIELTSがおすすめなのか?という疑問にはこちら
英検・TOEIC・TOEFL・IELTS どれを受けたら良いの?4つの英語試験の特徴を解説!

英語を学ぶ理由は人それぞれ。目標が明確な人もいれば、なんとなく将来の選択肢を増やすために英語学習を頑張っている人もいるでしょう。

でも結局、どれくらいのスコアを目指せばいいんだろう?IELTSの勉強いつまで続けたらいいんだろう?そんな漠然としていて普段はあまり聞けない疑問を、IELTSエキスパートの嶋津にぶつけてみました!

 


回答者:嶋津幸樹

山梨県生まれ。17歳の時に海外進学塾を創業。
青山学院大学文学部卒業、在籍中オックスフォード大学 ELT英語教員研修に最年少参加。
ケンブリッジ英語教員資格CELTA取得。ロンドン大学教育研究所応用言語学修士課程終了。タクトピア英語教育開発推進部長。
IELTS関連の著書として、『IELTS総合対策スピードマスター入門編』『ビジュアルで覚えるIELTS基本ボキャブラリー』等→『IELTS総合対策スピードマスター入門編(Jリサーチ出版)』『ビジュアルで覚えるIELTS基本ボキャブラリー(ジャパンタイムズ出版)』等


 

嶋津さん、単刀直入に聞きますが、IELTSのスコアはどれくらい取ったらいいですか?

嶋津: 目標によるよね。海外の大学を目指すのであれば、6.5を目指しましょう!と言うことが多いかな。6.5あれば、多くの海外大学が狙えるからね。

※海外進学・海外留学を見据えた場合に必要なIELTSのスコアについてはこちら
【IELTS】海外進学・海外留学に必要なIELTSのスコアはどれくらい?

 

例えばもっと先、将来英語圏で働きたい、研究したいと考えたときに、どれくらいの英語力があればいいのか目安はありますか?

嶋津: それで言うと、IELTS7.5でも、もっと言えば8.5を取ったとしても、それだけで海外のアカデミアとかグローバル企業で戦えるわけではないよね。スコアが高くなってくると、英語力単体での計測があまり意味をなさなくなるといえる。

 

それはつまり・・・・・・英語力はそんなに意味がないってことですか?

嶋津:  そうではなくて、単体の英語力、いわゆる4技能(リーディング:読む、リスニング:聴く、ライティング:書く、スピーキング:話す)に加えて、情報処理能力が求められたり、コミュニケーションにおいて相手の文化を理解しているか、発言の背景を想像できるか、適切に自己主張できるか、といった様々な要素との組み合わせが重要ってことだね。
リンガが「7技能」を掲げて、英語4技能以外の能力にも注力しているのはそのためだからね。

※7技能(英語4技能+3技能)についての説明はこちら
【リンガハッカーズがよく分かる②】世界で通用するために必要なのは、英語力だけではない。真に必要な7つの力とその習得方法とは?

 

英語以外に様々な能力が必要ということは、結局IELTSのハイスコアを目指すことにはあまり意味がないということですか?

嶋津: もちろん、8.5を目標スコアと決めてそこに努力する、ということを否定するわけではないよ。ただ、7.5を持っている人が8.0を目指して試験対策をするよりも、その英語力を持って社会に出ていった方がいいんじゃないかな。その方が、その人にとって必要な英語力や周辺スキルを効率的に身に付けられると思うね。

実は、IELTSのスコアアップをひたすら目指していたのは自分のことなんだよね。IELTSのライティングで7.5以上が取れなくて悩んでいた頃に、イギリスでIELTS試験運営のトップと話をする機会があったから相談してみたんだよね。「ライティング7.5以上取れなくて」って。そしたら「IELTSは満点を目指すテストではない」って言われちゃって。
考えてみればそうだよね。例えば大学の応募要件として英語試験のスコアがあるけれど、その基準が意図するところは、「その英語力のベースを持った上で、学ぶべきことを学びなさい」ということなんだよね。

 

そこで、「目標による」ということに戻ってくるわけですね。

嶋津: あくまでスコアは目指す進路のスタートラインに立つためのものだからね。ただ一方で、基準ギリギリの英語力だったら結局苦労するし、試験対策に特化して本質的な英語力が不十分だったら本末転倒になっちゃう。それでもIELTSは、他の試験に比べて「使える」英語を測定するという意味で優れていると思うな。

知り合いでTOEICスコア900越えの人がいるんだけど、その人がはじめてIELTSを受けたら5.0だったことがあったんだよね。換算表だとIELTS7.5くらいあるはずなんだけども。ちなみにIELTS5.0は、その換算表だとTOEIC550~600程度になっちゃうという。

基準を満たすスコア「だけ」が必要なら一つの試験に特化した対策をしていればいいけど、その先のことを考えたら、英語で議論する力とか英語を使うための本質的な能力を伸ばして、結果的にスコアが取れる方がベターなんだよね。

 

IELTSや英語試験のスコアの考え方や、向き合い方についてよく分かりました。ありがとうございました!

・リスニング力を向上させ(ながらスピーキングやライティングも伸ばせ)る勉強法についてはこちら
IELTSでリスニング満点(9.0)の弊社IELTSエキスパートの嶋津に、勉強法を聞きました

・リンガハッカーズでは、IELTS特化型コースも開講しております
【2022年4月新規開講】中高生対象IELTS特化型クラス(LinguaHackersレベル3)紹介

 


いかがでしたでしょうか?
今回の回答者嶋津が理想の英語教育を目指して作り上げたリンガハッカーズ。英語を「使う」ことを主眼に置き、英語で自分の意見を発信し、議論する力が身に付きます。

下記から無料オンライン授業体験にお申し込みいただけます。お気軽にご参加ください。

▼無料体験お申込みはコチラ▼



BACK TO INDEX
無料体験はコチラ