嶋津幸樹の面白語源シリーズ④

コラム
嶋津幸樹の面白語源シリーズ④

タクトピアの英語教育エキスパート・嶋津幸樹がオススメする英語学習法、それは英単語の『語源』を知ること。漢字に『偏(へん)』や『 旁(つくり)』があるように、英単語にも『語源』が存在し、その『語源』を習得することで、各単語の歴史や意味、そして他の単語との繋がりがみえてくるようになるのです!今回は『語源』マニア・嶋津による過去のコラムをご紹介したいと思います。


PED, POD「足」

数字の語源と体の語源を組み合わせたこちらの単語、centipedeを分析していきましょう!

cent「100」+ped「足」=百足と書いて「ムカデ」と読みます。正解はcentipede「ムカデ」でした。

ちなみにmillipedeはmilli「1000」+ped「足」で「ヤスデ」という意味になります。

今回は体の語源ped, pod「足」を分析していきます。これまで紹介した数字の語源の中にもped, pod「足」の語源を使ったものがたくさんありました。unipod「一脚」bipod「二脚」tripod「三脚」や海岸や河川に設置されている4つの脚を持つブロックのtetrapod「テトラポッド」は「四速歩行の動物」という意味もあります。

他にもped, podがつく英単語はたくさん存在します。

最初の単語はカタカナでもお馴染みのpedal「ペダル」です。足で漕ぐ自転車のpedalのpedの語源は勿論「足」です。 pedalはアクセントに注意すべき単語です。発音記号はこちらです⇨/pédl/

イギリスの横断歩道にはこれ。信号機があるところには必ずあるこちらのボタン。

こちらに書かれているのは

Pedestrian push button and wait for signal opposite.

歩行者はボタンを押し、反対の信号が変わるのを待ちます。

Pedestriansは「歩行者」の複数形です。ちなみにpedestrian bridgeは「歩道橋」

expeditionはex「外に」+「足を運ぶ」ので「遠征、旅行、探索」という意味です。polar expeditionは「北極探検」です。アメリカの旅行会社Expedia「エクスペディア」も「外に足を運ぶ」が語源です。

exploration「探検」という単語も同時に覚えておきましょう。explorationは「発見」を目的とした旅のことを指します。そして日常会話でもLet’s explore the city.「どんな街なのか開拓しに行こう」のような意味でよく使います。

足をケアすることはpedicure「ペディキュア」。語源はped「足」+cure「治療」です。足のネイルアートや足のマッサージをすることです。

それでは今週のクイズです。manicureのmanuの語源は何でしょう?【続きはコチラ


楽しく英語を学ぶならリンガハッカーズ!

そんな『語源』から学ぶ英単語の魅力に取り憑かれた嶋津幸樹が辿り着いた全く新しい学び方が、オンライン英語学習プログラム「リンガハッカーズ」(詳細はコチラ)。全国の仲間と共に、オンラインで楽しく世界基準の英語を学びませんか?まずは無料体験からぜひお気軽にご参加ください!

▼無料体験お申込みはコチラ▼

https://forms.gle/wQQ4RkguioaoCVfB7

BACK TO INDEX
無料体験はコチラ