コツは「感情の分析」!? 英語学習を習慣化するための方法とは?

コツは「感情の分析」!? 英語学習を習慣化するための方法とは?

英語学習が習慣化できない!

「英語学習の習慣が身につかない」
「英単語をコツコツ勉強するのが難しい」
英語好きなリンガハッカーズ(以下リンガ)の受講生でも、そういった悩みは多く聞かれます。

今回は、そんなに習慣化についての悩みを、これまで多くの中高生の英語力を向上させ、今では海外で活躍する教え子も多い嶋津にぶつけてみました!

 


回答者:嶋津幸樹

山梨県生まれ。17歳の時に海外進学塾を創業。
青山学院大学文学部卒業、在籍中オックスフォード大学 ELT英語教員研修に最年少参加。
ケンブリッジ英語教員資格CELTA取得。ロンドン大学教育研究所応用言語学修士課程終了。タクトピア英語教育開発推進部長。
IELTS関連の著書として、『IELTS総合対策スピードマスター入門編』『ビジュアルで覚えるIELTS基本ボキャブラリー』等→『IELTS総合対策スピードマスター入門編(Jリサーチ出版)』『ビジュアルで覚えるIELTS基本ボキャブラリー(ジャパンタイムズ出版)』等


 

今日は英語学習の習慣化について聞きたいと思っています。リンガハッカーズ受講生や保護者の方から、英語の勉強が続かなくて・・・といった悩みが寄せられることが少なくないのですが、英語の勉強を習慣として継続するためのコツってありませんか?

嶋津: 世の中の人の多くは、習慣化のことを甘く見ていると思うんだよね。そもそもの前提として、「人間は怠け者である」ということを前提としたほうがいい!
習慣化できないことで悩んでいるなら「怠け者である自分をどうしよう」ってところから出発するべきなんじゃないかと思うよ。

 

自分は怠け者であることをまずは認識しろと。いきなり見たくない現実を突きつけられた気持ちです・・・・・・。
それを認めてしまったら、ずっと怠け者のままな気がしてしまって。自分は怠け者であると認識した後に、それをどうすれば克服できるようになるんですか?

嶋津: 克服しようという考え方はちょっと違うと思うんだよね。実際は、怠け者なのに「自分はそんなことない」って思うから効果的な対策を打てていない人が驚くほど多い。怠けるのを気合で克服しようとして、3日だけ頑張ってその後続かなかったりするようなことが、世の中のあるあるなわけ。

 

ぐさっ!それは言えてる気がします。

嶋津: 大事なのは、自分が怠けてしまうことを理解した上でそれに向き合うこと。つまり「自分は怠けてしまうけれど、それでも習慣化するにはどうすればいいだろう?」と考えることなんだよね。

 

なるほどなるほど・・・・・・。それで、どうすれば習慣化できるようになりますか?

嶋津: 身も蓋もないけれど、誰にでも効果のある方法なんて無いんだよね。つまり自分で見つけていくしかない。
ただ、習慣化の方法を考えるために知っておくべきことが2つある。

1つ目は、なぜ英語学習を習慣化したいと思っているかということ。つまり、なんで英語の勉強をしているんですか?に対する回答だね。
まずそこを明確に答えられるようにすることがとても大事。それがなければ習慣化以前にやる気が起きないから。もし習慣化したい理由が自分で分かっていないのであれば、実は心の底ではやりたくない、やる必要ないって思っているんじゃないかな。

 

確かに、何となく「やらなきゃ〜」って思っていることは多いです。それを自分の言葉ではっきりさせるんですね。
それでは2つ目の知っておくべきことは?

嶋津:  2つ目は、自分の感情を分析すること。例えば、自分はどんな人間で、どうすればやる気を出すのか?とか、どんな時にワクワクするのか?とか、集中力が高まるのはいつか?というような問いに対する答えだね。

これは頭で考えて答えを出すだけではダメで、自分でいろいろ試してみることが大事。かと言って何も考えずに手当り次第に取り組んでも自分のことを知れるようにはならない。「行動」と「振り返って分析」の両方を繰り返していくことが、結局は一番の近道なんだよね。

 

 

ちなみに、嶋津さんは自身の習慣化のコツはあるんですか?

嶋津:  自分の場合は、瞑想がとても合っているってことが分かって、朝起きると必ず瞑想してる。そうすると集中力が高まり、やるべきことを飽きずに続けられる。

他の人だと、1日の終りに必ず日記をつけて、そこに今日学んだことと翌日のTodoをつけるという習慣を持っている人もいるね。

 

英語学習の方法かと思いきや、何の習慣化にも応用できる方法を確立しているんですね・・・・・・!

嶋津:  そうだね。つまり大事なのは、感情分析をするってこと。感情を分析して自分のやる気を上げる方法を確立できれば、英語学習に限らず、やるべきことをやれる自分に近づいていける。

例えばリンガの受講生だって、使える時間を全部英語の勉強に使えるわけじゃないよね。学校では他の教科も勉強しているし、それこそ大学に進学した後は自分が専攻した分野を学んでいかなくちゃならない。

だから、リンガでの学習を通じて、自分自身の理解を深めたり、英語学習に限らず、何かを習慣化するための練習をしてほしいと思っているよ。それは将来ずっと役に立つことだからね。

リンガハッカーズが重要視する、「自分自身を理解するチカラ」についてはこちら。
【リンガハッカーズがよく分かる②】世界で通用するために必要なのは、英語力だけではない。真に必要な7つの力とその習得方法とは?

 

なるほど。これはやった方がいい気がしてきました!簡単な道のりではなさそうですが・・・・・・!

嶋津:  もちろん簡単じゃないけど、まずは「自分は怠け者だ」って気づいて、それを何とかしなきゃと思った時点で、次のステップに進めていると思うよ。そこが認められなくてずっと同じところにいる人は世の中にいっぱいいる。まずはそこからトライ&エラーを繰り返しながら少しずつ進んでいけたらいいね。

 

 


いかがでしたでしょうか?
今回の回答者嶋津が理想の英語教育を目指して作り上げたリンガハッカーズ。英語を「使う」ことを主眼に置き、英語で自分の意見を発信し、議論する力が身に付きます。

下記から無料オンライン授業体験にお申し込みいただけます。お気軽にご参加ください。

▼無料体験お申込みはコチラ▼



BACK TO INDEX
無料体験はコチラ