TAKTOPIAインターン三浦永理インタビュー

メディア
TAKTOPIAインターン三浦永理インタビュー

今回はタクトピアでプログラム運営サポートインターンをする三浦永理さんにインタビューしました。東京で生まれ育ち、早稲田大学国際教養学部を卒業した三浦さん。前職を辞め、英語科教員を目指し、タクトピアインターンを始めたきっかけから将来の進路まで伺いました。

 

まずタクトピアでインターンをすることになったきっかけを教えてください!

タクトピアでのインターンを始めたのは2018年の年末だったのですが、その直前までエンタメ業界で新卒2年目として働いていたんです。そこでいろいろなことを経験する中で、「自分の実力をもっとつけたい」「子供達が新しい世界に挑戦するための手助けをしたい」と学校で英語を教える「教師」に転職しようと決断しました。

全く違う仕事から転職で学校の先生になろうとしていたんですね…。

そうなんです(笑)ただ、そのためには一から教員免許を取る必要があって、通信制大学と両立しつつ、英語教育を学べるインターンを探していました。そこでたまたまSNSで見つけたのが、単なる英語塾ではなく、英語をひとつのツールとして捉えて、新しい世界に生徒達を連れ出すようなタクトピアの教育プログラムでした。ある意味、私が考えていた教育観とすごく合っていましたし、英語教育の最前線に触れられるのではないかと感じました。ただ当時、特にインターン募集は出ていなかったので…ダメ元でサイトから応募をしてみたところ、面接を経て無事採用していただけました!

この1年間、インターンとして、具体的にどのような仕事をされていましたか?

本当にいろいろです。私は基本的に中高生向けのプログラム運営のサポートをしていて、特にメンターとして関わる海外大学生とのやりとりやトレーニングを中心に担っていました。ただ、タクトピアは海外開催のプログラムが多いため、なかなか実際のプログラムには同行できず…。その中で、国内開催のプログラムで社員の方と一緒にファシリテーションしたり、大学生ゲストとして講演をしたり、現場に関われたことはとても記憶に残っています。振り返ってみると自分から機会を見つけて、国内の現場には想定以上に携わることができたと思います。

 

プログラムの現場に行って良かったことは何ですか?

やはり人の成長に関われるのは楽しいなと思いました。タクトピアが生徒に関われる部分は、数ヶ月あるいはたった数日ですが、その場では大変そうだった生徒も、その経験を糧に英語を頑張っているという話を聞いたり、別のプログラムで見違えた姿で再会したりと、一瞬を切り取るだけではどう種をまけたかが分からない「教育」の奥深さを感じました。そういう意味では、私の場合はより長期的・日常的に生徒の成長と関われる「教師」という仕事への志望度が高まりました。こうやって様々な視点から「教育」のことを考えられたのも、プログラムに関わった経験や「教育」への熱意を持つ社員さんやインターン仲間と日頃から話していることが影響していると思います。

 

プログラム運営サポート以外では、他にどのような仕事をされていましたか?

ハイブリッド型放課後インターナショナルの「LinguaHackers」運営のサポートや教材開発にも一部関わりました。ここでの仕事を通して、英語教育に関する知識を実践を通してたくさん学ぶことができたと思います。私の場合、タクトピアに入るまでIELTSはTOEFLのイギリス版くらいにしか思っていなかったですし、CELTAもTESOLもほぼ知りませんでした。なにせエンタメ業界にいたので…(笑)結果的に「LinguaHackers」の授業に参加したことで、実際に自分が教壇に立ったときに役立てる最先端の知識を学べたと思います。

 

今、IELTSのお話が出ましたが、タクトピアのインターンを通して、ご自身の英語力に何か影響はありましたか?

大いにありました。正直、前職では「TOEIC900点超え」というだけで英語できる子扱いしてくれたんです。が、タクトピアの社内で比較するとまだまだ英語が拙い状態で、まあ英語圏行ったことあるの人生で3週間くらいなので当たり前なのですが(笑)、「英語できないから任せてもらえないのかな」と勝手に悔しい思いもしました。ただ、そのおかげで英語を細かいレベルまで勉強し直したり、それこそIELTSに挑戦しようと決意しました。私の場合、まだ細かいニュアンスの違いなどわからないことも多いので、英語話者としての能力・正確性を試されるIELTSには挑戦しがいがありました。結果として、Readingのセクションでは9.0満点中9.0を取りましたし、Overallでは7.5を達成できました!

 

「教師」に対する思いも語っていらっしゃいましたが、最後に、今後の進路についてお聞かせください!

4月からは無事英語科教員になります!タクトピアのインターンを通して、様々な中高の名前を耳にする場面があり、その中で鳥取にある私立青翔開智という学校に巡り合いました。まさか自分が地方就職するとは思っていませんでしたが、実際に学校の先生方や社員さんからお話を聞く中で、自分の挑戦の場としてはぴったりの場所だと思いました。
この1年間、タクトピアでのインターンを通して、英語力だけでなく自分の「教育」への思いを知ることができたと思うので、それを実現できるように一歩ずつ頑張っていきたいと思います。

 

この記事を読んで少しでも興味を持った方は是非お問い合わせください!現在タクトピアELTでは長期で働ける大学生インターンを募集中です。履歴書と志望理由を添付の上、こちらのアドレスまでご連絡ください。→info@taktopia.com
・役割: 英語教材開発、生徒へのメンタリング業務
・勤務地: 東京
・スキル: Microsoft: Word, Excel, Powerpoint/ Mac: Keynote
・英語運用能力: CEFR B2 レベル
・待遇: 時給 1,013 円(3〜6 ヶ月毎更新)

BACK TO INDEX
無料体験はコチラ